AI検知システムがえる
感染リスクのない安心環境

VAAKEYE+ 発熱検知

VAAKEYE+ 発熱検知とは

感染リスクを通知する
映像解析システム

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、防犯カメラ映像およびサーモグラフィー映像を解析し、AI表面温度測定を行い、お知らせします。その結果を入場検査などに活用していただくことで利用者および従業者の感染リスクを低減します。

感染リスクを通知する、映像解析システム

アプリのメリット

1

発症者から感染拡大を
防ぐことができる

2

運営する空間において
感染拡大防止に
取り組むことができる

サイネージ

人物や設備の状態を分析することにより、感染リスクの高い行動の情報発信、感染経路のシミュレーションなど、感染症対策に資する情報活用を行ってまいります。

  • ・本サービスでは「体の表面温度(体表温)」を測定します。一般的な体温計で測られる「体温」の値とは異なります。
  • ・本サービスではウィルス感染の判別は行なえません。
  • ・体表温は環境条件、被測定者の状態等の影響で変動します。
  • ・本サービスでのスクリーニングにより発熱が疑われる場合は、体温計による検温を推奨します。
  • ・本サービスは薬機法認証を取得した医療機器ではありません。
  • ・本サービスおよび構成機器は、診断などの医療行為にはご利用頂けません。

対応デバイスについて

PC

function_pc

windows

Macintosh

SP

function_pc

Android

iOS

device_img-01
×
device_img-02
×

ご利用のための費用

発熱 の疑いを検知してお知らせ

月額アプリ利用料980(税別)

  • 利用料については月額アプリ利用料以外に別途、プラットフォーム利用料、LTE費用 (オプション), Edge AI Boxの費用がかかります。
  • カスタマイズ等のご要望についてはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
  • 工事など実際の導入費用等のご質問に関しましては、お問い合わせ後、担当者にご相談ください。

システム構成

システム構成
カメラ設置環境
設置条件

屋内

屋外

△または×

高さ(m)

2〜4

角度(度)

10〜30

その他条件

検出条件:人のサイズの1/4以上 (VGAであれば120ピクセル以上)
画像圧縮方式:H264

カメラ設置環境設置条件

可視光

画素:100万画素以上
   (200万以上推奨)
解像度:VGA以上
フレームレート:10fps以上

サーマル

画素:320×240以上
解像度:QVGA以上
温度精度:±0.2℃
温度範囲:[-40,150]℃
画像圧縮方式:H264
フレームレート:5fps以上

対応デバイス

サーマルカメラ

Dahua:TPC-BF2221N
Uniview:TIC2221TER5-F3-4F4APCA

対応解像度

VGA(640×480)

HD(1280×720)

Full HD(1920×1080)

4K(3840×2160)

×

8K(7680×4320)

×

広角レンズ

×

魚眼レンズ

×

360度カメラ

対応
Edge AI Box

Edge AI Box
Light

Light

Edge AI Box
Indoor

Indoor

Edge AI Box
Indoor Mark Ⅱ

Indoor Mark Ⅱ

Edge AI Box
Outdoor

Outdoor

Edge AI Box
Advance

Advance

×

アプリ提供元会社

会社名
株式会社VAAK
会社概要
データ解析AIによる防犯・自動化・分析
URL
https://vaak.co/

お問い合わせ

*必須

メールアドレス*
お名前 (Name)*
会社名 (Company Name)
電話番号 (Phone Number)
国名 (Country)*
お問い合わせ内容*

お問い合わせいただくと、お客様のメールアドレスにもお問い合わせ完了メールを自動送信いたします。