AI Application
アプリケーション一覧

これからもたくさんのAIアプリが続々リリース予定です。

リリース中

store_application_aipeoplecounterhead_tiwaki

株式会社tiwaki

AI++通過人数カウンターHEAD

動体検知

直線1本で出入りを別々にカウントし、混雑していても通過した人数をしっかりカウントします。

store_application_helmetwearingmanagement_sorest

SOREST株式会社

ヘルメットの未着用者検知

映像解析

ヘルメット未着用者を発見、通知し、現場の安全を守ります。

store_application_agender_ambl

AMBL株式会社

Agender

映像解析

エイジェンダー
来店客の性別・年齢を知りたいあなたへ。属性データをラクラク収集しマーケティング施策に活用できます。

store_application_abnormalbehavior_nsk

日本システム開発株式会社

異常行動検知

動体検知

骨格情報から異常行動を検知し通知することで早期発見を可能にします。

store_application_mask_hiperdyne

ハイパーダイン株式会社

マスク未着用者の検知

映像解析

マスクを着けていない来場者を検知し、メッセージを表示します。

store_application_firedetection_4ind

4IND INC

がってん!火災検知

映像解析

小さな炎や煙を外観から検知しパトライトやLINEメールで通知することで初期消火をめざします。

store_application_aipeoplecountercross_ambl

AMBL株式会社

AI人数カウンターCROSS

動体検知

カメラ画角内に設定した線をまたいだ人数をカウントします。入退店人数のカウントや歩行者の通行量調査を行うことができます。

store_application_workermonitoring_nsk

日本システム開発株式会社

作業者数監視

動体検知

単独での作業や指定した人数を下回る人数での作業を検知します。

store_application_whitecanewheelchairdetection_aif

AMBL株式会社

白杖・車椅子検知

動体検知

ユーザーが指定した領域内に白杖・車椅子を検知した場合、即座にメール・LINE・パトライトで通知することができます。

store_application_ridgecount_rdgi

株式会社 Ridge-i

Ridge Count

動体検知

カメラ映像から人数および密集状況をリアルタイムかつ高精度で検知します。人物の頭部を認識してカウントしているため、人の体が重なっているような混雑した状況でも検知できます。また、昼だけでなく夜でも使用可能でき、エッジデバイス内で処理が完結するためセキュリティが高いです。

store_application_passingvehiclecounter_srst

SOREST株式会社

通過車両カウント

映像解析

車道にラインを引き、そのラインを通過する車両(セダン、バス、トラックなど)をカウントします。一般道路、高速道路の時間帯ごとの交通渋滞の状況や、上りと下りのそれぞれの交通量の確認、アパート、公園、遊園地、ショッピングモールなどの駐車場の出入車両の計測ができます。

store_application_aipeoplecounterhead_aif

AMBL株式会社

AI人数カウンターHEAD

動体検知

カメラに映った人の頭をリアルタイムに検出、カウントし、Webアプリケーションからカウントされた人数・密集度情報を確認することができます。お客様が設定した基準値以上の人数をカメラが検知すると、Webアプリケーション画面にアラートを表示し、人々が密集していることを知らせます。

store_application_licenseplatedetectorzenkoku_nsk

日本システム開発株式会社

車両ナンバープレート検知 全国版

映像解析

「車両ナンバープレート検知 全国版」は、車両のナンバープレートをリアルタイムで認識する、映像解析システムです。
カメラで撮影した車両のナンバープレートをリアルタイムで認識し、検知情報をWebアプリでお知らせします。

store_application_passingpeoplecounter_srst

SOREST株式会社

通過人数カウント

映像解析

カメラの視野内に直線を引き、そこを人の体が90%以上越えたときにカウントします。数えた件数はWebアプリにログインすることでグラフで見たり、パソコンにデータとしてダウンロードすることができます。

store_application_peoplecounterhead_nsk

日本システム開発株式会社

人数カウント HEAD

映像解析

ネットワークカメラで撮影した映像から、指定した範囲の滞在人数をAIで認識します。人の頭部を認識してカウントしているため、カメラ映像の中で人の身体が重なり合った状況でもカウントできます。

store_application_linecrosscount_nsk

日本システム開発株式会社

ラインクロスカウント

動体検知

来店人数のカウントや通行量調査などを自動化することが出来ます。人の出入りがあるところにネットワークカメラを設置して、人の動きを知りたいときに利用いただけます。ウェブブラウザで時間帯別・日別のカウント人数を確認できるためマーケティング戦略の指標になりえます。

store_application_licenseplatedetectorkanto_nsk

日本システム開発株式会社

車両ナンバープレート検知 関東版

映像解析

「車両ナンバープレート検知 関東版」は、車両のナンバープレートをリアルタイムで認識する、映像解析システムです。
カメラで撮影した車両のナンバープレートをリアルタイムで認識し、検知情報をWebアプリでお知らせします。

store_application_aipeoplecounter_aif

AMBL株式会社

AI人数カウンター

動体検知

カメラが検知した人数をリアルタイムでカウントし、Webアプリケーションからカウントされた人数・密集度情報を確認することができます。お客様が設定した基準値以上の人数をカメラが検知すると、Webアプリケーション画面にアラートを表示し、人々が密集していることを知らせます。

store_application_intrusiondetectionstd_srst

SOREST株式会社

禁止エリアへの侵入検知

動体検知

禁止エリアへの「過失」、または「故意による侵入」を検知して通知します。人であることを条件とし、ネコなどの小動物、バイクや自動車などは対象とせず過剰なアラームが鳴りません。侵入禁止エリアの設定やWebブラウザから侵入記録の確認ができます。

store_application_overtimeusagedetectionstd_srst.png

SOREST株式会社

時間外利用の検知

動体検知

時間帯を指定して、禁止エリアへの侵入を検知して通知します。特定の時間だけ使える設備、使ってはいけない設備を人件費をかけることなく管理することで、コストダウンとトラブル防止を実現。侵入禁止エリアの設定やWebブラウザから侵入記録の確認ができます。

store_application_wanderingdetectionstd_srst

SOREST株式会社

徘徊者の検知

動体検知

指定時間を超えて同一人物が居ることを検知して通知します。特定個人が長期滞在すると不自然という常に見ていないと判断し辛い状況を、人件費をかけることなく管理することで、コストダウンとトラブル防止を実現。侵入禁止エリアの設定やWebブラウザから侵入記録の確認ができます。

peoplecountbody_nsk

日本システム開発株式会社

人数カウント BODY

映像解析

ネットワークカメラで撮影した映像を解析し、自動的に指定した範囲の滞在人数を計測します。
人が多く集まる商業施設での混雑状況の把握や、閑散時間帯の確認などをAIで行うことができます。

store_application_neutral

ニュートラル株式会社

赤ちゃんうつぶせ寝検知

動体検知

「赤ちゃんうつぶせ寝検知」は毎日の赤ちゃんの笑顔のために作られました。
お昼寝時や家事の合間など最新の画像認識技術で寝ている赤ちゃんをうつぶせ寝から守ります。

store_application_VAAKEYE

株式会社VAAK

VAAKEYE+ 発熱検知

映像解析

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、防犯カメラ映像およびサーモグラフィー映像を解析し、AI表面温度測定を行い、お知らせします。その結果を入場検査などに活用していただくことで利用者および従業者の感染リスクを低減します。

store_application_VAAKEYE+

株式会社VAAK

VAAKEYE+ 密集・密接検知

映像解析

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、防犯カメラ映像およびサーモグラフィー映像を解析し、人の密集状態、近距離での会話や発声が行われる状態(密接)を検知、お知らせします。入場検査、濃厚接触の回避、換気・設備消毒などを促進し、利用者および従業者の感染リスクを低減します。